6月のお肌情報

 

お肌に有害な紫外線量が年間最多

6月は、紫外線が強くなります。
UV‐Aという、肌の深部に到達し、シミ、シワ、たるみをひき起こす紫外線A波が年間で一番多く降り注ぐ月です。

 

気温も高くなる
6月初旬も全国的に夏のような気温で、群馬県では31度だったとか。。。

そして、6月は梅雨の季節でもあります。
全国で、多少差はあると思いますが、気温も湿度も上昇します。

気温や湿度があがると、汗や湿気でペタペタします。
ペタペタすると、お肌表面の角質がふやけます。

角質がふやける
そして厄介なのが、エアコンなどで汗がひくと、一気に乾燥します。

一度濡らした紙を乾かすと、フヤフヤになりますよね。
お肌もその状態で、角質がふやけた状態で乾燥すると、キメが反り返り、バリア機能が乱れることで、雑菌が繁殖したりして、吹き出物ができたりしやすくなるのです。

マスクが必須な今年は、さらに蒸れやすい環境です。

ワンポイントアドバイス

・日焼け止めクリームを選び 

PA++++ をえらぶと◎(UV-AVによるダメージを防ぐ、+4つが最高基準。2020年6月現在)

・汗の対策

放置せず、マメに拭いてみてください。擦るのはNG、押さえます。メイクの上から使える拭きとりシートなどもおススメです。

急に汗が吹き出した場合は、首の後ろのリンパや耳の後ろを冷やすと、汗の引きが早めです。

・マスク

帰宅後はなるべく早めにメイクを落とし、清潔な状態を保ってあげてください。

ひんやりする・蒸れにくい、UVカット効果など高機能マスクを取り入れるのもおススメです。

 

これから梅雨に向かって、雨や曇りの日も多く、特に曇りの日はUVケアの油断をしがちですが、曇り日も晴れている日の60%くらいは紫外線が降り注いでいますし、雨上がりの晴天なんて最悪です(笑)

塗り残ししやすい部分 首・あごの下・デコルテ・耳の後ろ・生え際 なども、しっかりとUVケアをしましょう!!!

 

 

 

 あなたが 心満たされた毎日を過ごせるように

 メイクアップという手段を使って

 お手伝いをさせていただいております

 

日常を極上に変える ナチュラルメイク教室

東京八重洲 ・  千葉舞浜 ・横浜たまプラーザ

メイクレッスン 随時開催中です。

メイクの扉に関するお問い合わせは ↓

お気軽にご連絡くださいませ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です