あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉
仲松 智子です。

 

UVケア 最終章!!  気を付けるポイント& あれこれ編

 

前回、前々回と UVケアの必要性 、そして選び方をご紹介しましたが

今回は具体的に 選ぶアイテムそして、 塗るときのポイントなど をご紹介します。

 

今日は盛りだくさんの内容ですが お付き合いいただけると嬉しいです。

 

前回までのおさらいは・・・

 

→ そろそろ本気でUVケア

→ 日焼け止めクリームの選び方

 

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s

 

【 紫外線の強い時間帯 】

 

最も紫外線の強い時間帯は 昼の10時~2時

夜の10時~2時は、美肌のゴールデンタイムといわれていますが

お昼は アクシデントタイムとも 言われています。

 

とはいえ、朝でも紫外線は強いです。
朝起きたら、 なるべく早めにベースメイクはしてあげると安心です。

 

【 塗るときのポイント 】

 

しっかりとムラなく 均等につける。

忘れがちな部分フェイスライン 生え際しっかりと塗り込んでくださいね。

 

伸びが悪い場合は、下につける乳液やクリームを多めに。

 

均等に全体をつけたあと、シミ多発ゾーンの 目の下や 頬骨の上 に、
さらに もう一度重ねてあげると安心です。

 

 

【 日焼け止めにも 色々なタイプが あります 】

 

クリーム、ジェル、スプレー、シートetc. . . 色々なタイプがあります。

 

ジェルタイプのものは、すっと伸びてサッパリとつきますので
お化粧崩れしやすい方にオススメです。

 

クリームタイプは、 保湿性に優れているので乾燥肌の方にオススメです。

 

スプレータイプは、 髪の毛や、広範囲につける時にオススメです。

髪の毛も、 紫外線でパサパサになりますので、ダメージが気になる方は是非。

 

( 髪の毛の潤いやツヤは、 思った以上に見た目年齢を左右しますね。

特にパーマや カラーリングされている方は、特に ご注意くださいね。 )

 

 

【 塗り残ししやすい ボディーパーツ 】

 

・ 首

しっかりつけましょうね!首のうしろも、お忘れなく。

スカーフなどで隠すのも効果的です。
首は 年齢が出てしまう部分ですので、 お忘れなく。

 

・ デコルテの Vゾーン(仮)

みぞおちの上の、 Vネックのお洋服を着たときに ちょうどVになる部分。うっかり焼け 多発地帯です。

 

・ 手の甲

こちらは 一年中 紫外線に さらされ主婦のかたは、 家事で酷使。

年齢を重ねる事に シワになりやすく、隠せない部分です。

 

・唇

唇は日焼けすると、カサカサになったり皮がむけやすくなります。

縦ジワが深くなると、口紅を塗った時にもなんだか残念な印象に。

UV対策のリップクリームを 是非お使いください!

 

ちなみに

首から下、 デコルテ 腕や足など体に使う場合は

個人的には いわゆる 日焼け止めクリームが 良いと思います。

(下地クリーム兼用だと、お洋服に色がついてしまったり、減りも早いです)

 

f2f768f65a143ee1d0ed3f1575699384_s

 

長時間 外にいる場合や、汗をかきやすいレジャーなどの際は

ウォータープルーフがオススメです。

 

ただし、ウォータープルーフの場合はしっかりと

ボディシャンプーなどで落としてくださいね。

 

特に、 お子さまのお顔につける場合お顔も丁寧、泡で洗ってあげてください。

 

※ 小さなお子さまの場合は、お湯で流せる ウォータープルーフではないものの方が いいかもしれません。

 

日焼け止めには 紫外線散乱剤 と 紫外線吸収剤が主に入っています。

お肌が弱いかたは、紫外線吸収剤が入っていない ノンケミカル  のものが、より肌に優しいです。

 

 

あと、 男性。

パートナーの方にも、 是非日焼け止めをつけることをオススメしてください。

お子さま同様、 男性も メイクをしない分無防備です。

 

最近は美白男子も 増えているようですが
私がお伝えしたいのは、 美肌や シミ シワ対策 というより
紫外線による 細胞のダメージや 炎症を防ぐために。 是非。

 

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

 

 

【UVカットの小物類 】

 

最後に・・・UVケアができませんが 紫外線によるダメージをうける部分

それは です。

(あ、 コンタクトやメガネの方は UVカットのものも あるかもしれませんね)

 

目 自体も紫外線を浴び続けると、将来白内障などになるリスクも高いそうです。

そして、目からも 脳に 紫外線情報が伝達されます。

 

( 情報が伝達→ メラニン工場にスイッチが入り →メラニン増加 →シミ ソバカスの助長)

 

 

日傘も効果的ではありますが、アスファルトや水面 ( 雪 も ) 、 紫外線を反射しますので、照り返します。

サングラスをご使用くださいね。

 

通勤時はもちろん
ワンちゃんのお散歩や、 ウォーキングなどされている方は、特にお気をつけくださいね。

 

 

最後まで お読みいただきありがとうございます。

ご参考になれば嬉しいです♪