image

夏の終わり
急に肌寒くなってきましたね。

毎年、 涼しくなると 急に
『肌の乾燥が気になりだす』

という方
いらっしゃいませんか?

 
それって

インナードライ
状態 かもしれません。

 
インナードライという言葉を
聞いた事がありますか?

インナードライ とは?

その名のとおり
肌の内部乾燥です。
 

暑い時期は、 汗や皮脂分泌が盛んなため
肌表面が 潤っています。

汗や皮脂でごまかされて
潤っているように見えて

実は、汗や エアコン、紫外線などで
水分蒸発しています。

涼しくなり
汗や皮脂の分泌が少なくなってくると

急に乾燥が気になる方は
夏のインナードライ状態が続いたことが
影響しているかもしれません。

チェックしてみましょう

簡単に インナードライのチェックをしてみましょう。

 
☑ エアコンのきいた部屋にいる時間が長い
☑ 日中、 紫外線を浴びる時間が長い
☑ 夏はべたつくから、クリーム類を避けている

☑ さっぱりしたいから、肌がつっぱる位さっぱりタイプの洗顔をしている

☑洗顔後 つっぱる

☑ おでこや鼻はべたつくけれど 頬や口回りは乾燥する
☑ 化粧品のなじみがわるく、上滑りする感じがする

あなたはいくつ当てはまりましたか?

あくまでも目安ですが

思い当たるかたは

インナードライの可能性が考えられます。

ケアのポイントは水分補給

肌内部の水分が足りない状態が続くと

バリア機能も低下し、ダメージも受けやすくなります。

また、 乾燥するとお肌がトーストのように固くなり

跡がつきやすく シワや老化を助長をしてしまいます。

まずは
お化粧水をたっぷりコットンにとり

年齢の3倍パッティングを目安に。

水分を蓄える 角質層の細胞は
全部並べると 新聞紙1枚分とも言われています。

その細胞の隅々まで水分を行き渡らせるには
たっぷりつける必要があります。

※ このとき、引きしめ化粧水やアルコールの入ったふき取り化粧水はNGです。

シートマスクもオススメです。

シートマスクは、パッティング1,000回分の効果があると言われています。
 

しっかりとお肌に水分が蓄えられると
クリーム類が上滑りする事なく浸透し、ベタつき感も和らぎます。

水分蒸発をふせぐためにも
お化粧水でケアをしたら
しっかりクリームで蓋をしてくださいね!

 

今から秋にむけてコツコツが大切です

 

 

干し椎茸や 乾燥ワカメ 高野豆腐・・
などの 乾物、固いですよね。

水分がないためです。

やっかいな事に
固くなると 水分の馴染みがわるくなります。

乾物も、水に戻すのに時間がかかりますよね。

インナードライになってしまったお肌には
とにかくたっぷりと
丁寧に水分を与えてあげてくださいね。

意識して 丁寧にケアをすると
お肌も 応えてくれますよ。