あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉 仲松智子です。

 

 

前回

美白ケアの効果が出にくい というお声をもとにお話しました。

 

そして理由の1つに、

基本のスキンケアがありました。

 

 

先週
基本のスキンケア
①クレンジング
②洗顔

 

のお話をしましたが  今日はその続き

 

③お化粧水

のお話をしていきますね!

 

 

 

日本人は、特にお化粧水が好きだそうです。

 

 

欧米の方では、とにかく外気が乾燥するので、

クリームで保湿メインのスキンケアだそうです。

 

 

実際 ロサンゼルスに住む幼馴染に聞いたら

お化粧水もあまり売ってないとのこと。

 

気候や 元々の肌質との関係かもしれませんね。

 

 

GOOD

 

 

お肌の水分量って

とても大切です。

 

乾燥しているお肌を想像してください。

 

 

つっぱったり

 

ヒリついたり

 

触るとカサカサしたり

 

線がはいったり (シャーペンで紙にサササッとかいたように )

 

粉がふいてしまったり・・・

 

 

そして水分が不足していると
その後につけるクリームなどが
上滑りしてしまい、 いつまでたっても馴染まず
効果が半減してしまったりします。

 

具体的には
皮膚の一番表面にある 角質層 の水分量の問題です。

 

 

角質層を潤いを潤いで満たすと

 

例えば

 

高野豆腐
昆布
干し椎茸

 

など乾物を 水で戻した後のように

 

お肌も
しっとりと吸い付くような肌触りになります。

 

 

角質層の角質細胞は
全部広げると新聞紙一枚分位あるそうです

 

 

その全てに水分を満たすには
たっぷりのお化粧水を しっかりとなじませることが大切です。

 

 

コットンで しっかりとパッティングしたあとで
手のひらで包み込み圧着

 

お肌がコットンで刺激をうけるようならば
手でも大丈夫です。

 

 

お化粧水だけでは物足りない方は
ウォータークリームやゲル状の保水美容液などを加えてあげるのもオススメです。

 

 

1度、お手持ちのお化粧水を
丁寧に丁寧に つけてみてくださいね。

 

その後のクリームなどの浸透や
メイクのノリにも差がでますよ♪