あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉  仲松智子です。

 

昨日に引き続き、スキンケアの
今日は ④クリーム です。

 

日本人はお化粧水が好き

 

というお話をしましたが

 

逆にクリームが苦手な方も、意外と多いようです。

 

 

ベタベタするから付けたくない・・
さっぱりが好き

 

というお声もよく聞きます。

 

 

なぜクリームが必要なのか。

ズバリ 乾燥を防ぐためです。

 

100302

 

 

 

 

乾燥すると、お肌は乾物のようになってしまいますが

 

初期の老化 (小ジワや くすみ)は
乾燥の慢性化 によるものも多いです。

 

 

保水機能も、個人差があります

 

沢山水分を与えても
蒸発してしまいます。

 

クリームは、いわばラップのような役目です。

 

 

特に 今の季節は、紫外線、風、エアコンなどにより
水分が奪われやすいのです。

 

 

クリームは油分
主に2種類あります。

 

 

昼用のデイクリーム(乳液)
夜用のナイトクリーム(昔は栄養クリームなどと言われていました)

 

 

なぜ分けられているかというと
昼と夜で、 お肌の働きが違うからです。

 

 

日中は、乾燥、そして 外気から肌を守るために働いています。
その、お手伝いをするのが乳液。

 

夜は、寝ている間に 日中受けたダメージを修復したり、 細胞分裂が行われ
お肌が生まれ変わっています。
その働きを助けるのが、ナイトクリームです。

 

 

働きに合わせて使い分ける

そして、 肌タイプ 、 年齢によって

なりたい肌が違います。

 

 

若くて皮脂も多い方が 高保湿のクリームをつけると 栄養過多になり
ニキビなどの原因になったり

乾燥肌の方が、 さっぱりタイプを使っても
肌状態は改善されません。

 

 

しっかりお肌の状態に合わせて
アイテム選びをしてあげる事が必要です。

 

肌タイプの診断方法は
またの機会にお話をしていきますね!

 

ご参考になれば嬉しいです♪