あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉  仲松 智子です。

 

先日  「 ファンデーションがキレイにつかないの 」
という、お悩みを伺いました。

 

よくよく伺ってみると

お化粧水 乳液 クリームなど、
よくなじんでいないうちに

次のステップへ進んでいらっしゃいました。

 

 

ひとつひとつのアイテムを、
付けたら 手のひらでつつみこみ圧着。

 

よく馴染ませながら つけると
仕上がりに差がでます!

 

厚ぼったくなってしまったり、
ファンデがヨレてしまうかたは、
使用量が適量かも 気を付けてくださいませ。

 

e9ab1cd155651aa1ef42cf865aced85d_s

 

 

さて、今日は
肌年齢のお話です。

 

大人になってくると
実年齢よりも 見た目年齢が大切になってきますよね。

 

 

というのも、 年齢をつけて歩いている訳ではありませんものね。

見た目年齢 左右するポイントは
なんといっても

 

線 と 色

 

です。

 

 

線は おシワです。

おでこのシワ

目尻のシワ
目の下のシワ
ゴルゴライン
ほうれい線
マリオットライン・・・

 

 

そして 色 は
顔色や血色だそうです。

 

わかりやすいのが、サザエさんの
サザエさんと おふねさん。

 

お顔のつくりはほぼ一緒。
違うのは ほうれい線と、顔色だそうです。

 

顔色は、サザエさんの方がピンク味が
おふねさんは黄みがかっているそうです。

 

ちなみに大人になるにつれ
黄ぐすみ  が起こってきます。

 

 

年齢のサイン、そのもの!

こちらを お手入れで 防いだり、 改善したりで

肌年齢に差がつきます。

 

 

肌年齢が若いと

見た目年齢  印象にも差が出ます。

 

 

これから数回にわたって

対策などご紹介していきたいと思います!!