あなたの笑顔を引き出す

メイクの扉 の 仲松 智子です。

 

わたくし、 人のお顔に とっても興味があります。

屋号を決める時に FACE MANIA という候補があがったほど(笑)

 

職業柄、気付くと無意識に お顔を分析してしまっているのですが

見ているポイントが いくつかあります。

 

メイクは本当に お好みもありますし 正解はないのですが

お肌 (ファンデーションの仕上がり)  に関しては

ちょっとしたコツで 仕上がりに大分 差が出ます。

 

【 ベースメイクは お料理の下ごしらえ 】

 

お料理・・例えばフライなど小麦粉 卵 パン粉 それぞれ丁寧につけると、

出来上がりもキレイですね。

 

普段のお化粧水や乳液、下地クリームなど

ぱぱぱーっと付けるのではなくて1つひとつ しっかりとお肌に馴染ませてから、

次のステップへお肌をいとおしむように付けてあげるだけで、仕上がりが変わります。

 

100302

 

【素材のよさも ポイントです】

お料理も 素材が良いと 更に美しくでき上がりますよね。

素肌がキレイだと 特別な事をしなくても

ファンデーションが薄付きでもキレイに仕上がるということ。

 

年齢を重ねても お手入れ次第で かなりコンディションはよくなります。

 

女性のお肌はデリケートなので

素肌の調子が良くない時やダメージをうけて不安定な時もありますが

毎日コツコツと、 丁寧に、 ご自分のお肌に合ったお化粧品を使うことでかなり安定します。

 

忙しくてなかなかお手入れに時間をかけられないかたは、

美容液やパックなどのスペシャルケアお助けアイテムで、

たまにリセットしてあげるのも手です。

 

「今日のワタシ ありがとう!」など

ご自分をねぎらいながら お手入れ頑張ってくださいね。

 

私も頑張ります(*^^*)