あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉 仲松智子です。

 

 

チークを付けると派手になってしまう!
と思って
避けている方に

たまにお会いします。

 

この

 

チークの壁(仮)

 

 

色白の方や
大人の方に多いです。

 

 

 

先日お会いした方も、
とっても綺麗にアイメイクをされていて
細部にまでこだわってメイクをされていたのですが

 

チークはつけないとのこと。

 

 

お顔は元々平面ではなく立体ですので

ファンデーション1色だけだと立体感がなくなり

 

のっぺりと
お面のようになってしまって
本当にもったいないです!!

 

 

そして、 チークはメイク全体のバランスを良くする、重要なポイントなのです。

 

 

チークで是非、立体感
そして 血色を プラスしてあげてください。

 

 

お持ちでない方は
口紅で代用できます。

 

ベージュやグロス、パールが強い、また薄い色などは適しませんが

 

ある程度発色するものであれば
手の甲に取り、中指薬指の二本で
指の腹に馴染ませて、
頬にトントンとつけてみてください。

 

 

 

もちろん チークをお持ちの方は
少しずつ つけてあげてください。

 

 

menu-s

 

以前
ママ友達で、チークの壁(仮)
を乗り越えた方がいます!!

 

 

 

元々キレイなお顔立ちなのですが、
メイクをすることに
とても抵抗があったそうです。

 

急にどうしちゃったの?

化粧、濃くない?

 

と、周りの方に 言われたり、
思われたりするのがイヤ! と

 

アイシャドウ、アイラインはもちろん、チークは
あまりつけたくない 」 とのことでした。

 

彼女は、 私の勤務するエステティックサロンにも 通ってくださっていますが

エステ後のメイクアップサービスも
いつも さら~っとさせて頂く程度

それもいいのですが

魅力が生かしきれてなくて
なんだか、もどかしく思っていました。

 

 

昨年秋ごろ、一緒にランチした時に

 

「チークを、ほんのちょっとでも
入れると、とっても映えるよ 」

とお話をしました。

 

 

実際、ちょっと色をいれるだけで、
とっても華やかなお顔になりました。

 

 

 

後日 聞くと
チーク、挑戦してみたそうで

 

職場の方には

 

「今日 チーク入れてるね~!」
と言われ
最初は恥ずかしかったそうですが

段々、馴れてきたそうです。

 

 

 

先日 久々にエステをさせて頂いて
メイクをした際に

 

いままでのように

当たり障りのない位(笑)
チークを入れたら

 

「もう少し濃くして~」と。

 

 

「濃くして~」

 

 

まさか

この言葉が聞ける日がくるとは。。

 

とても嬉しくなりました

もちろん喜んでつけました!

(※ 彼女の 濃く=適量)

 

 

そして今では、手放せないアイテムに昇格!!

 

 

 

 

さらに、彼女は
チークをきっかけに
キレイになることに対して積極的になりました。

 

 

眉の形が、ものすごくキレイになっていたので聞いてみたら

眉のお手入れ専門店に行ってきたそうです。

(眉カットは店頭では、美容師、理容師の資格がある方でないと できません)

そして、その形をずっとキープしているとのことです!

 

 

チークの壁(仮) が邪魔している方は
是非 一歩踏み出して

チークを付けているご自分のお顔に慣れることから

始めてみてくださいね(*^^*)