あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉 仲松智子です。

肌を育む がテーマの【肌育】
今日は初夏のお手入れのお話です。

少しおさらいになりますが
ご参考になれば嬉しいです♪

これから~9月頃までは、
お肌が休む暇もない程 強い紫外線が
毎日降りそそぎます。

更に、外に出ると暑くて 汗や皮脂の分泌が増え、
逆に屋内に入るとエアコンにより
一気に汗が乾き、汗と一緒にお肌に必要な潤いも、奪われてしまいます。

夏は、肌年齢が3才年取る…と言う説もある程。

紫外線・乾燥・冷気
この3つが、ズバリお肌を老けさせる原因と言っても過言ではありませんが、

これから3a78e97aa4ac5e89d10bd7ffc00e3d66_sの季節、全て揃います(´д`|||)

そして、新陳代謝(ターンオーバー)の乱れから、シミの原因にもなるし、一度コンディションが悪くなると、回復に時間がかかります。
ですので 今こそ正しいお手入れが必要です。

もうご存知とは思いますが、いま一度

まずは、外出時、UVカットはマストです~
大抵、夏用の下地クリームやファンデーションには入っています。
お手持ちのもの、ムラにならないよう、丁寧にしっかりつけて下さい。

 

基本のお手入れを見直してみましょう~
お肌のお手入れアイテムは
基本的には、どこのメーカーさんも大抵
クレンジング
洗顔
化粧水
乳液
ナイトクリーム
です。(あくまでも一般的に)

目的は
①しっかり汚れをとる
②水分補給
③昼は外的刺激から肌を守り、
夜は昼間うけたダメージを修復し、細胞の生まれ変わりを促す

これが基本中の基本。

困った時頼りがちなのが 美容液
即効性が期待できるのですが
美容液は栄養ドリンクのような役目で、
あくまでも+αのアイテムです。(美白は除く)
栄養ドリンクより夜ご飯
美容液よりナイトクリーム優先で。

また、
夏はベタつくからクリーム類をあまりつけたくない
って声も、よく聞きますが
この季節にこそ、しっかりつけてください!

汗や皮脂でごまかされて、潤っているように見えますが、
実は肌内側は乾燥(インナードライ)になっています。
インナードライ状態になると、肌のバリア機能も低下し、ダメージも受けやすくなっちゃいます

お化粧水はたっぷりコットンにとり
年齢の3倍パッティングを目安に。

しっかりとお肌に水分が蓄えられると
ケアなも引き締まり、キメも整い
クリーム類が
上滑りする事なく浸透し、ベタつき感も和らぎます。

今頑張っておくと、真夏の肌ダメージが軽減されます!!

基本のスキンケアで、乗り切りましょうね!!