あなたの笑顔を引き出す

メイクの扉 の 仲松 智子です。

 

UVカットのアイテムと言えば日焼け止めですが、
みなさん、どんな基準でお選びですか?

 

「紫外線は肌に悪いのは知ってるから、日焼け止め付けてるけど、そんなにこだわって選んでない。
SPFが高いのが効くのよね?」

 

というお声を、たまに聞きます。

 

 

お顔に使う日焼け止めの場合、大抵下地クリームとして お使いいただけるものも多いです。

この季節は、どこのメーカーさんもUVカットの効果のある、
化粧下地クリームやが売られています。

 

色が付いていて、肌色をきれいに見せたり、 色ムラをカバーする【補整効果】のあるものや

さらに、美白美容液成分入りの
UVカットをしながら 【 美白ケア 】ができる下地クリームも
数多く 出ています。

 

美白へのアプローチ方法は、 メーカーさんにより、様々です。

 

☆ とにかく紫外線の炎症やダメージから肌を守りたい方は 日焼け止めクリームを。

 

☆ 補整効果を求める方は、下地クリームと一緒になっているものを。

 

☆ シミを 作りたくない& 美白効果が欲しいかたは、美白美容液成分入りのものを。

 

それぞれ選んであげるといいと思います(*^^*)

 

 

選ぶ基準のご参考に

まずはSPF とPAの数値を見て下さい。

 

 

SPF ( Sun  Protection  Factor の略 ) 】
浴びると肌を赤く炎症を起こす UV B  から、肌を守る。
最高基準が 50+ です

目安としては、SPF1 で、約20分炎症を起こすのを遅らせる効果(目安)
ですので、SPF30であれば 600分=10時間
炎症を遅らせる計算です。

 

普段の生活紫外線であれば、SPF30 あれば、十分だと思います
長時間外に居る、レジャー時は、SPF50 で、がっつり防いでください。

 

但し、 下 地クリームでSPF30 の上にSPF30のファンデーションをつけても、SPF60にはなりません

ですが、重ねる事で幾重にも層ができて、効果的です。

 

 

【 PA ( Protection glade of UVA の略 ) 】
++++ (フォープラス)  が 最高基準
+       UV A   防御効果がある
++     UV A  防御効果がかなりある
+++   UV A  防御効果が非常にある
++++ UV A  防御効果が極めて高い

 

 

どんなに高機能の日焼け止めを使っても、

ムラに付いていたり、取れてしまっては意味がないですので、

マメに塗り直すのがベストです。

 

ただ、 日中メイクしてお出かけしたら、なかなか塗り直し出来ませんよね。。
塗り直しや お化粧直しがあまり出来ない方は、

朝のベースメイクを丁寧にしてくださいね!

 

ご参考になれば嬉しいです。

***********************************

 

補足として…
紫外線は、大きく分けて3種類
UV A と UV B と UV C

UVとは、Ultraviolet(紫外線)の略

 

UVA…A波、長波長紫外線(サンタン)
地上に到達する紫外線の、9割がUV A。

窓ガラスも通過し、皮膚深部に到達。真皮層のコラーゲン、エラスチンにダメージ

→ シワ、タルミを引き起こす原因に(光老化)。
メラノサイトを刺激し、シミ、ソバカスの元となる、メラニンの生成をさせてしまう。

 

UVB…B波、中波長紫外線(サンバーン)
皮膚表面に到達。浴びると2~6時間後に赤くなり、炎症、痛みを引き起こす。

→ レジャー紫外線とも言われています。

UVC…C波、短波長紫外線(オゾン層で取り除かれ、地上には到達しない…と言われてます)