あなたの笑顔を引き出す

メイクの扉 の 仲松 智子です。

 

 

昨日、一昨日に引き続き、

しあわせ感あふれるメイクのポイント その ③ チーク 

 の お話をしたいと思います。

 

ちなみに前回までは・・

 

① 光を味方につける→コチラ

②眉の形 →コチラ

 

 

今回は  お顔の中で 最も広範囲に色をつけるチーク

チークの付け方でも、印象が変わります。

色や位置により
キュートにも、エレガンスにもなり、
骨格補整も可能です。
【 色の持つ印象 】

 

ピンク→ かわいい キュート 清楚

オレンジ→ 活発 元気 健康的

ベージュ、茶系→ シックな感じ

ボルドー、パープル寄り→ 上品 ゴージャスな感じ

 

 

o0480048013089075508

 

 

そして、昨年頃から流行っているのは

血色チーク
IMG_0914-300x225
こちらは、ちなみに 乙女心をくすぐる ラデュレの花びらチーク

赤寄りの色で つけると お風呂上がりのような仕上がりです。
【 位置と形 】
お顔の内側、下に 丸く入れる程に 可愛らしくなります

頬骨の下に斜めに入れると お顔の立体感が出ます

笑った時に一番高いところにいれるのが
一番無難とされています
ただし、大人のかたは どうしても年々 頬の位置が下がりやすいので

気持ち 上につけてあげるのがオススメです

 

o0480048013085650073
【チークのポイントは 足し算】
できればブラシは、付属のものではなく
大きいサイズのものを使ってあげると

ふんわりとキレイに仕上がり、オススメです。

 

ブラシをパレットにのせて、チークを含ませたら、いきなり頬につけるのではなく、
一旦 手の甲やティシュなどにトントンとつけて、つき具合をみてからつけてみてください。

 

o0480048013085650088

 

 

いきなりつけると、濃くついてしまうことがあります。
チークは引き算が難しいので、
少しずつ重ねていき、お好みの濃さでつけてください。

 

ふんわり感を出すのが、 しあわせ感のポイントです♪

 

あと、なるべく大きな鏡で
全体のメイクバランスを確認するのもお忘れなく(*^^*)

 

ご参考になれば嬉しいです!