ここのところ
ベースメイクの主流が
 
 
ナチュラル とかヘルシー肌 メイクに変わっていますね。
 
 
image
 
 

ある程度 カバーしたいところは隠し
素肌がキレイと、思わせるメイク
 
 
それが、私の考えるナチュラルメイクです。
(本音を言えば、素肌がキレイ! な状態が
理想ですよね♪)
 
 
ナチュラル、ヘルシー肌の印象
 
 
皆さまの考える、ナチュラル、ヘルシー肌って、
どんな肌でしょうか?
 

ナチュラル、ヘルシーだなぁ~と思う方を、 想像してみてください。
身近な方でも、 女優さんでもOKです。
 
 
ちょっと Thinking Time~♪  (笑)
 
 
 
 
思い浮かびましたか?

 
 
私個人的には
道端ジェシカさんを想像しました。

 
 
ナチュラル → 軽やか → 薄づきなメイク
ヘルシー → 活動的 → ツヤ
 
 
正直・・ 若さもあると思います。
 

大人になるにつれ、 肌の張りや透明感が
失われがちです。
 
 
でも、 大人でも
お手入れやアイテム・簡単なテクニックで
 
 
ツヤ肌、張りのあるようなヘルシー肌に見せる事は可能です。
 
 

ヘルシー肌のポイントは ツヤ

 
 
 
気を付けていただきたいのは
やみくもにツヤツヤにするのではない
ということ。
 
 
また、ツヤを出す場所を間違えると
お化粧崩れをして、テカっているようにも見えてしまいます。
 
 
そして、気を付けていただきたいのは
大人は、ツヤがありすぎると
品が失われてしまいます。
 
 
必要な部分に 必要なツヤを。

 
 
 ツヤとテカリは紙一重です !!

 

 

ツヤ肌の作り方

 

 

テカっているではなく
上品なツヤ。
 
 
それは、肌の表面ではなく
中から輝くパールのような輝きをつくること。
 
 
では、 どうしたらよいのでしょうか。
 
 
ちょっと仕込みが必要です。
 
 
 

まずは 肌表面のコンディション

 
 
肌の凹凸があると
光の反射で影ができてしまい
 
どんなにツヤ作りの化粧品をつけても
キレイに仕上がりません。
 
 
まずは、肌表面のキメやコンディションを整えましょう。
 
 
キメの整った肌とは
 
 
・水分 皮脂のバランスが整っている
・触った時に、なめらか
・ざらつきゴワつきがない

 

つまり、 普段のスキンケアの積み重ねが大切になってきます。
 

まずは不要な角質をとる

 
 

ツヤ肌だけに限りませんが
まずは不要な角質をとることは、
キメの整ったお肌づくりの第1歩。
 
 
角質は、肌のバリア機能を担っていますが
必要以上にたまると、 ざらつきゴワつきの原因に。
 
 

ケーキ作りで、 どんなにキレイにクリームをつけようとしても
 
 
土台のスポンジがポサポサだと
なめらかにつけるのは至難の技ですよね。
 
 
厚塗りでごまかしたり ( 体験談。 笑 )
お肌も一緒です。
 
 
クレンジングや 洗顔料だけでは落としきれない角質が蓄積
 
 
更に、 夏は紫外線が強く、肌を守ろうと
角質が厚くなります。
 
 
守ろうとして厚くなったため
なかなか取れにくく
 

皮脂が糊の役目をして より強力にくっついているため
取れにくいのです。
 
 
これが、ざらつきゴワつきの原因。
 
 
まずは普段のクレンジングや洗顔で
しっかり汚れをとること。
 
 
加えて
酵素洗顔や、ふきとり化粧水などのアイテムを加えてあげると
おだやかに不要な角質をとることができます。
 
 
不要な角質がとれると
肌は殻をむいたゆで卵のようにツルツルに。
そしてくすみが取れて、透明感がでます。
 
 
 

_________________
 
 
ちなみに、ご参考まで
 
 
ドラッグストアなど ご近所で手に入り

おだやかに角質ケアのできる酵素洗顔のオススメはコチラ!

 
 
image
 
 

カネボウ Suisai

薬用 酵素洗顔パウダー
 
 
_________________

 

次回は

ナチュラル・ ヘルシー肌を目指して ~ 後編 ~

ご紹介していきますね !!
ご参考になれば、嬉しいです。