女性の8割の方がお悩みという
 

 
眉はお顔の額縁とも言われ

かなり印象を左右します。
 
image

ちなみに上の写真は

中央のみ 私のスッピン眉
 
他は You Cam Make というアプリで加工しました。

眉の 長さ、カーブの角度

太さ 目との幅 眉間・・

印象変わりますよね。
 
元々、 人によって

形や 生えかた、毛の流れも様々です。

せっかくなら お顔の輪郭やバランスをより良くみせちゃいましょう!!
 
そして、 朝は何かと忙しいですから

ポイントをおさえて

時短で描く方法をマスターしましょう♪
 

眉の位置

眉の黄金率は、こんな感じです。

image
 
※ 長さの目安、通常は小鼻と目尻の延長線といわれていますが

メイクの扉 では、口角と目尻の延長線の方が、日本人の顔や、時代に

よりマッチするとの考えから 変えています。
 
 
ですが、あくまでも基本 ですから

輪郭や、 なりたいイメージ

流行などにより、 カーブや長さを少し変えたりすると

より、 あなたのお顔にマッチした形ができあがります。
 
 

眉骨 を意識しましょう

 
 
眉を描くときに意識して頂きたいのが

なんといっても 眉骨。
 
眉骨を無視して描いたり、 ずれていたりすると

不自然になってしまったり

表情を変えた時に
 
眉のラインが2つある!?
 
という状態になってしまいます。お気を付けくださいね。

 

ちなみに この方、すごくわかりやすいです
眉骨は、眉を触ったときに

出っ張っているところです。
 
wpid-beautyplus_20150623191610_save.jpg

 

 

パウダー&ペンシル、時々眉マスカラ

眉メイクの基本は

濃さ や、形を整えること。 

 

上のお写真 下の右の眉をご覧ください

ざっくりガイドラインを引いています。

 

全体的な 面を埋めるのはパウダー

o0800080013109255162
 
線はペンシル
 
が、 時短のポイントです。
  

若い頃 抜きすぎてしまい、生えてこなくなってしまった方や

元々薄い方は
 
ペンシルで描いても
 
定着しない

時間がかかる
 
などに 悩んでいるかたが多いです。
  
そういう場合、パウダーを先につけてあげると、定着しやすいです!

  
o0800060013109255223
 
そして、 髪の色よりも 元の眉の眉が黒い場合は

眉マスカラを使うと 簡単に色味のバランスが合いやすくなります。
 
全体的に濃さが均一になってしまいますと
 
いかにも 描きました!!
 
という、
 
眉が張り付いているようになってしまいます。
  
濃さは眉頭はうすめ 眉山は濃いめ

まとめ

  
眉は1ミリ 2ミリ で、かなり印象が変わります。
  
眉を描くと 濃くなっちゃう

というかたは、
 
パウダーを筆にとり

一度手の甲や、ティッシュにトントンと置いて

どのくらいつくか 確認してから描くと良いです。
  
ペンシルの場合

長めに持って

力を抜いて描くと良いです。
  
全体的なメイクとのバランスを上手にとりたいときは

アイメイク→ 眉の順に 描くと良いですよ。
 
あとポイントもう一つ!

なるべく大きな鏡で見ながらかいてくださいませ。
  
ご参考になれば嬉しいです♪