あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉 仲松智子です。

 

 
前回は、メイクをするときの光のお話をしましたが

今回は、メイクをするときのもうひとつの光

質感のお話です。

 

 

質感も 印象を左右する大切なポイントになります。

 

 

 

先日、お店でネイルを色々見ていたら
マットタイプのものが売っていました。

 

その昔、20年くらい前
勤めていたメーカーで トップコート マット と言う製品がありました。
(今は普通に売っていそうですが(^^;)

 

どんなネイルもマットに仕上げてくれるもの。

 

わたくしも一時 かなりハマりました。

 

当時、 モード系がカッコいい!
おっ洒落~!
と思っていたので(笑)

 

ちょっと無機質な感じに 心を奪われました。

 

 

 

グロス と マット
同じ色でも 色の印象がまるで変わります。

 

 

 

そもそも

 

グロス   艶がある 光を反射

マット   艶がない 光が反射しない

 

なのですが

 

 

ファンデーションで例えると

 

 

リクィドファンデーションや クリームファンデーションがグロス。

 

 

グロスだと
光を反射するので、 立体感や躍動感がでます。

華やかな印象になったり
つややかで はつらつとしたイメージ
若々しく見えます。

 

一方

パウダーファンデーションはマットに仕上がります。

 

少しおしとやかなイメージになったり
控えめ 静か 上品なイメージになります。
清楚な感じが出ます。

 

シックな感じに仕上げたり
お着物の時もこちらがオススメです。

 

 

 

大人のお肌はちょっと加減が大切です。

若く見せたいからと つやを出しすぎるとちょっと品がなくなったり
お化粧崩れしているように見えてしまったり

乾燥しやすく、シワっぽい、つやがないのにマットにすると
逆効果です。

シワを飛ばしたい部分にはツヤを
テカリを抑えたい部分にはマットを

 

アイシャドウをつややかにしたら

リップはマットで抜け感をだすとか

 

大人の㊙テクニックで
素敵に演出してくださいませ❤

 

最近ナチュラルメイクばかりのわたくしですが
今日は 久々にガッツリメイクをしました!

image

 

 

やっぱりメイクって
楽しいですね❤