あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉 仲松 智子です。
image

 
前回に引き続き、働くオトナ女子のメイク

 
『欠点をカバーして、マイナスをプラスに変える』部分をお話していきますね。

 

 
メイクでマイナスをプラスに変える
3つの要素があります

 

それは、色と形
あとひとつは最後に。

2種類の色

 
ここでいう2種類の色
 
一つ目は 【顔色】
 
顔色は、健康のバロメーター。

 
青白い顔、くすんでいる顔と、
血色のよい顔、つややかで透明感のある顔

 
全く印象が変わりますよね。
 

 
元気な印象は、それだけでまわりを明るくします。
 
 
普段のスキンケアでコンディションを整え、潤いで肌を満たせばそれだけで透明感が生まれます

 
 

また、
健康的に見せたい場合は、オレンジの、
透明感を出したい場合は、ブルーやパープル系の、コントロールカラー
で調整できます。
 
 
健康的なツヤを出すには、クリームやリクィドタイプのファンデーションがオススメです。
 
 
 

二つ目は
【メイクのカラー】
 
 
以前、メイクアップアーティストの方もおっしゃっていましたが

 
カラーは、アクセサリーのようなもの。

 

選ぶ色、組み合わせ、つけ方次第で
 
色々なイメージに変身できます。
 
 

 

 

 

 
お顔の形は、基本的に元々の骨格が関係していますので
 
メイクアップでは、ハイライトやシェーディング(影)の効果の組み合わせでカバーできます。

 
また、輪郭は、髪型でも大分カバーできますので、そちらも重要なポイントです。

image

 
あとは、眉の形、チークの形、リップの形
アイラインの形、まつげのカールや向きなど

 
練習すれば、どなたでもできます。

 
ですがまずは、あなたのお顔の形やパーツが、どんな形が最も魅力を引き出せるのか、知る必要があります。

 
また、どのような雰囲気イメージになりたいのか
具体的に明確にする必要があります。
 
 
『メイクアップで自分をプロデュース』
できるのです。

心のありかた

 
 
どんなにメイクアップや見た目を変えても
 
性格は顔に出てしまうもの。
 
 

内面から出る輝きにはかないません。
 

 
最も重要なのは、心のありかただと
私は思っています。

 
 
内面を磨きつつ
メイクアップの力をかりて
欠点を美点に変えてみませんか?

 
ご参考になれば嬉しいです♪