あなたの笑顔を引き出す
メイクの扉 仲松智子です。

 

 

最近、敏感肌の女性が増えているそうです。

 

つい数日前
ママ友達が

 

いつもと同じ化粧品を使い
同じお手入れをしたのに
朝起きたら お顔が腫れてしまっていた

と。
なんと切ない・・・(;o;)

 

 

女性の体はデリケートですから
急に普段使っているものが合わなくなったというお話も たまに聞きます。

腫れてしまうレベルだと
他に何か原因もありそうですね。。

 

 

100302

 

 

 

【敏感肌】と一言にいっても
実は色々なパターンがあります。

今日はその代表的な【カブレ】のお話を。

 

お化粧品により
・ピリピリする
・赤くなる(炎症)
・湿疹ができる
など、いわゆる【かぶれ】の状態。

 

 

難しい話は抜きにして話しますと

アレルギーによるもの。
外的刺激によるもの。

これらによって 起こるそうです。

アレルギーによるものは

アレルギーを持っている方にのみ起こる反応で

 

原因物質に触れる度に 何度でも起こります

 

お化粧品を使って
何度もかぶれが起こるという方は

 

1度 血液検査をして
アレルギーなのか
もしそうなら原因物質はなにか調べてあげると
その物質が入っているものを避ければいいので
お化粧品選びが楽になり ストレスも減ると思います。

 

 

 

外的刺激によるもの

 

分かりやすい例が、美容師さんの腕。

 

シャンプーを一日中何度もされますよね。
新人さんを見ていると、本当に切なくなる時があります。

 

 

最近は、シャンプーの成分も肌に優しいものが多いようですが。

 

 

 

水やお湯、シャワーの水圧により
お肌の潤い膜が壊され、シャンプー剤など薬品の刺激をうける・・・

 

それを修復する間もなく繰り返すにより
敏感肌が慢性化してしまうんですよね。

 

↑は極端な例ですが、環境さえ整えば誰にでも起こります。

 

 

でも逆に、正しいケアでお肌の環境を常に良い状態に保てれば
防ぐ事が可能です。

 

基本はやはり
毎日の丁寧なお手入れが大事ですね。

 

お顔をタオルでごしごし拭くとか

 

洗顔後、長い時間何も付けずに放置とか

 

NOです!!

 

気を付けましょうね